Skip to content

木のお風呂からユニットバスにして滑りにくく安全になった

私は実家に時々帰ることがあります。
その時、いつも危険に感じている場所がありました。
それは、お風呂場です。
一度父親が滑ったことがありました。
そのときは、なんとか怪我をすることなく過ごすことができました。
しかし、またいつか滑ってしまうのではないかと心配になっていたのです。

その風呂というのは、昔に作った木の風呂です。
そのため、作った時にはとても趣があるので、気にいっていたのです。
ところが、使っているとその木の風呂というのは、とても滑りやすいということに気づいたのです。
そのため、お風呂場に入る時に、とても神経を使って入浴をすることになりました。
それは、とても大変な事です。

リラックスをすることが出来るはずの風呂場が、リラックスをすることができないのです。
そのことは、とても辛いと思ったのです。
しかし、父親は頑固なところがあって、それを修理したり、変えることを嫌がっていたのです。

そんな時、母親が滑ると言う事がまた起きてしまったのです。
そのときは、やっぱり本格的にリフォームをすることが大事と考えるようになりました。

そこで父親を、説得することにしました。
渋々でしたが、ユニットバスにすることができたのです。
すると、とても気持ちよく入浴をすることができています。

あんなにユニットバスにすることを嫌がっていた父親も、お風呂が大好きになっています。
何より、安全に入浴をすることが出来るというのは、本当にありがたいです。
そして、リフォームをしたことは本当に良かったと思っています。

Published in未分類